杉田楽器店へようこそ

注文・質問の方法 楽器販売 価格表 楽器5年延長保証 キャンペーン 杉田楽器はどんな店? 楽器情報
 


← 1つ上の階層へ   
メーカー直営楽器店
音楽教室運営楽器店
ディスカウント楽器店
多業種併売楽器店
杉田楽器店

楽器店の選び方(ディスカウント楽器店)

楽器店の選び方(自分に合った楽器店選び)

楽器店選び方(ディスカウント楽器店)1

 楽器店選び方(ディスカウント楽器店)2

自分に合ったお店選びのページで、楽器店をお選びになる場合には、

他の工業製品と異なった特徴を持った製品を取り扱っていることから、

自分に合ったサービス・サポートを行ってくれるお店を

お選びいただくのが重要であることをお分かりいただけたと思います。

しかし、楽器業界には依然旧態依然とした不合理な慣習が残っていることから、

全てのお客様のニーズを捉えることが出来る販売店を作ることは、

現在の状況では、まず不可能といっても過言ではないと思います。

(もちろん、当店でも全てのお客様のニーズにはお応え出来ないです。)

そこで、お客様がどのようなサービスをお望みになるかによって、

最適な楽器店も変わってくると思いますので、ご参考にしてみて下さい。

1.設立の背景

楽器業界では、従来メーカー直営店・メーカー音楽教室運営店との間での、

価格協定や流通妨害などが幅広く行われておりまして、

例えば、日本の楽器トップメーカーであるヤマハでも、

公正取引委員会の指導を受けたくらい非常に閉鎖的な市場でした。

そこで、新品楽器がほとんど定価販売されていた現状をみて、

中古楽器を中心とした新しい販売形態が生まれて来ました。

もちろん、メーカーサイドではこのような業態に現在でも批判的ですが、

新興の楽器メーカーと販売提携をするなどして、

最近では、新品の取扱商品もかなり充実した形になっています。

特にこのような新業態のディスカウントショップの代表格としては、

卸売センター系の鍵盤楽器店が挙げられます。

2.メリット

こちらは、メーカー主導の定価販売を中心とした楽器流通に批判的なグループですから、

当然の事ながら、販売価格の面では非常にメリットが大きいと言えます。

またディスカウント系の楽器店は、本来新品楽器の販売は付随的なものですから、

中古の楽器類をお探しになる場合には、最適なお店とも言えます。

3.デメリット

従来のメーカー主導の定価販売を積極的に行って来た、

楽器2大メーカー(ヤマハ・カワイ)とは、元々良好な取引関係にないので、

新品楽器については、円滑で継続的な仕入れが難しいという面があるので、

多くのお客様がご希望される新品のヤマハ・カワイの製品は、

ほとんど台数限定販売・展示品限りという形のご提供になります。

もちろん、運良くご希望の楽器がご購入出来る場合もありますが、

一般的には、ヤマハ・カワイ以外の新興の楽器メーカーの商品か、

中古楽器類を代替品としてご購入するしかないケースもあるので、

その商品構成の偏りは最大のデメリットになります。

4.総括

メーカー主導の定価販売を嫌うお客様には大変価値のある業態ですし、

特にヤマハ・カワイといった有名メーカーの新品の楽器類に

さほど魅力をお感じにならないお客様には、一番のおすすめになると思います。

ただ前述の設立の背景のご説明からお分かりいただけるかと思いますが、

ヤマハ・カワイなどの有名ブランドの新品の楽器類をご検討の場合は、

販売店側としても本来販売の中心でない商品である訳ですので、

その楽器の本来持っている品質・性能を判断したい場合や、

客観的なメーカー・機種比較のアドバイスが欲しい場合には、

他の業態の販売店のご意見も参考にした方が無難だと思います。



 

▲このページのトップへ

楽器販売 杉田楽器店

この Web サイトに関する質問やコメントについては、 shop@sugita.co.jp まで電子メールをお送りください。
Copyright © 1998-2017 有限会社杉田楽器店